Please update your Flash Player Plugin. You'll need to install the version 9.0.28 or later.

守口カイロプラクティックセンター

住所
〒570-0039
大阪府守口市橋波西之町3-1-6
TEL
06-6993-4134
営業時間
電話予約制・AM9:00〜PM1:00・PM3:00〜PM7:30
定休日
日曜・祝日

最新お知らせ


片埜神社交野天神社

投稿日時:2018年05月16日

片埜神社交野天神社


前回の続きです。枚方宿鍵屋は伏見と大坂を結ぶ三十石船の船宿として江戸時代に賑わい近年まで料亭を営んでいました。

平成9年、市の文化財に指定された鍵屋主屋は極めて少なくなった江戸時代の様式を残す歴史的建造物で寄贈を受けた市が修復を行い平成13年に資料館としてオープンしました。(P無・近くのコインPか淀川河川敷公園P)

敷地は平成10年に市の史跡に指定されました。鍵屋資料館別館2階には63畳の大広間があり窓から旧1号線そして六甲山から比叡山まで望めます。

枚方宿沿いを少し歩きましたがここも近代化の波にさらされ古い家が少なくなってきていますが守口宿より昔の面影が残っていました。

この近くにある淀川資料館にもよりましたが祝日は休みで閉まっていました。(第3土、日・祝日休み P有3台)残念! 次は牧野駅近くの片埜神社に寄りました。式内社で旧社格は郷社。

主祭神は建速須佐之男大神、菅原道真です。1583年大坂城築城に際して豊臣秀吉は片埜神社を鬼門鎮座の社として定めました。大坂城鬼門除けの神社とされたことから方除、厄除の神としても信仰されています。

本殿は重文です。駐車場は狭いですが2〜3台分あります。次は樟葉にある交野天神社に寄りました。樟葉でも京都に近い所です。ここは「かたのあまつかみのやしろ」とも読まれます。
主祭神は光仁天皇、あめのこやねのみこと、菅原道真です。本殿、末社八幡神社本殿は重文です。住宅街の中にあるのですがここだけは手つかずの古代の森が残っている雰囲気です。大阪みどりの100選にも選ばれています。

神社の駐車場は狭いですが一の鳥居右側に辛うじて1〜2台置けるスペースがあります。ここは中々興味ひかれる所でした。地元で神社好きの方なら一度参拝をお勧めします。

時間もまだあり帰り道ついでに枚方の百済寺跡に寄りました。全国で初めての史跡公園です。昭和41年から2年間かけて整備されました。金堂、講堂、食堂、東西の塔などの礎石が残っています。

百済寺跡の横には百済王神社があります。百済王氏の祖霊を祭り現在は百済国王と進雄命です。(江戸時代は牛頭天王)


※写真は交野天神社の第三の鳥居。この鳥居は珍しく瓦がのっていました。交野天神社の森は大阪みどりの100選にも選ばれています。中には「これが100選に選ばれているの?」とガッカリする所もありますがここはザ・原生林と思えるほどの森です。片埜神社(京阪牧野駅近く)、交野天神社(樟葉)とも枚方市なのに何故カタノの名がつくのか不思議でしたが昔は交野郡だったようです。(交野郡→交野市の全域+枚方市の大部分+寝屋川市の一部)なお片埜神社は交野郡の一宮です。

枚方宿鍵屋資料館

投稿日時:2018年05月09日

枚方宿鍵屋資料館



連休の観光地は混むので近場の枚方宿、鍵屋資料館に行って来ました。ここは前々から行きたかったのですが近いからか、かえって行けなかったかもしれません。東海道五十三次は東京日本橋から大津宿までで大坂まで加えますと東海道五十七次になります。

その四つの宿は伏見宿、淀宿、枚方宿、守口宿になります。大坂の天満橋八軒家船着塲から京都の南伏見豊後橋まで荷物は200〜300石積、旅船は30石が普通で昼夜兼行で往来していました。

特に枚方宿は一番の盛り場だったそうです。枚方宿で停船しようとする30石船に近づき飯や汁物、酒などを販売していた小船はくらわんか舟と呼ばれ名物となっていました。

彼らは大坂の陣などで徳川方の物質運搬に協力した功績で幕府から営業のお墨付きを頂いた上、身分の高い人に対しても乱暴な言葉のまま飲食を売っても構わないという無作法御免の特権を与えられていました。

「くらわんか」とは河内弁で「喰わないのか」「喰うことも出来ないくらい銭を持ってないのか」と言っていたことからくらわんか舟という名がついたのだとか。独占的に商売出来たらこんな高飛車商売でも成り立つのですね。次ぎに続きます。

※写真は鍵屋資料館(主屋)です。主屋は1811年の町家で別棟は1928年の建物で料亭、料理旅館として平成9年まで営業を続けていました。

火曜日休館 入館料200円
枚方市堤町10ー27

携帯版

守口カイロプラクティックセンターの携帯版ホームページ 守口カイロプラクティックセンターの携帯版ホームページはこちらからアクセス- 携帯に送信 -