Please update your Flash Player Plugin. You'll need to install the version 9.0.28 or later.

守口カイロプラクティックセンター

住所
〒570-0039
大阪府守口市橋波西之町3-1-6
TEL
06-6993-4134
営業時間
電話予約制・AM9:00〜PM1:00・PM3:00〜PM7:30
定休日
日曜・祝日

最新お知らせ


旧毛馬閘門眼鏡橋

投稿日時:2017年07月11日

旧毛馬閘門眼鏡橋



前回の続きです。この閘門(こうもん)は内務省土木監督署の技士沖野忠雄の指導により設計施行されました。両岸は煉瓦作りで水路前後に鉄製観音開きの制水扉が設置されました。

淀川と大川(旧淀川)を隔てる水門、大川に流れる水量を調節する役目と同時に淀川と大川の水位差により船舶の通過をスムーズにさせるための設備です。

閘門及び大川の水を強制排水する機能を備えています。旧閘門水路内(現在、水路部分は埋められ通路が設けられています。)に入れ見学出来る所が二重丸◎です。しかし大川が旧淀川だということは驚きでした。


※写真は毛馬の閘門奥にある眼鏡橋です。第一閘門西側にはかって長柄運河がながれ、閘門下流側門そばに眼鏡橋がありました。この運河は改修工事で出る不要な土砂を運搬するために長柄から海老江まで淀川沿いに開削されたそうです。

眼鏡橋は大正3年に架けられました。運河は埋め立てられましたが眼鏡橋は昭和55年に修復され保存されました。左右非対称ですが昔の姿のまま保存されているようです。渡ることが出来るので渡ってみましたよ。

旧毛馬閘門

投稿日時:2017年07月03日

旧毛馬閘門



書くことが無いので以前没にしたものを引きずり出して来ました。大阪市北区長柄東にある旧毛馬閘門です。行ったのは去年の事です。この場所で本流(淀川)から分岐した川を大川といいます。

大川は中之島に通じている川です。淀川から分岐して天満橋付近で寝屋川と第二寝屋川と合流→中之島で北側が堂島川と南側が土佐堀川と名前を変えます。中之島を過ぎた所で→木曽川と安治川に分岐します。

木曽川はその後、道頓堀川と合流する辺りで木曽川、尻無川と分岐します。

旧毛馬の閘門(こうもん)にある説明表示版などを見て総合しますと大川が旧淀川だとの事。なんと毛馬から下流の淀川(今の本流)は1907年に作られた川なのです。百年以上前にこんな壮大な大事業を成し遂げた事に驚きます。

毛馬の閘門以降の現淀川が作られる前は中津川と呼ばれていました。この川は蛇行していて大雨で氾濫することしばしばだったのでほぼ直線の現淀川が作られました。


※写真は旧第一閘門上流側制水扉です。両岸からハンドルを回して明け閉めします。この他に毛馬洗堰も国の重要文化財に指定されています。

携帯版

守口カイロプラクティックセンターの携帯版ホームページ 守口カイロプラクティックセンターの携帯版ホームページはこちらからアクセス- 携帯に送信 -