Please update your Flash Player Plugin. You'll need to install the version 9.0.28 or later.

守口カイロプラクティックセンター

住所
〒570-0039
大阪府守口市橋波西之町3-1-6
TEL
06-6993-4134
営業時間
電話予約制・AM9:00〜PM1:00・PM3:00〜PM7:30
定休日
日曜・祝日

最新お知らせ


法道寺

投稿日時:2017年05月22日

法道寺


前回の続きです。次は同じ堺市南区にある法道寺です。お寺近くまで来ると回りは霊園ばかりであまり良い感じではありませんでしたが法道寺の敷地内に入ると一変。別天地に入ったような感じです。

ここは堺とは思えない静けさで小鳥の囀ずりが心地よいです。法道寺は高野山真言宗の寺院です。山門の仁王様も立派で、多宝塔と食堂が重文に指定されているとっても魅力のあるお寺なのに誰も訪れていませんでした。

寺伝によれば白鳳10年(670年)に法道(空鉢)によって開基されました。法道とはインドの仙人で鉄の宝鉢を持っていたことから空鉢(空鉢仙人)とも呼ばれていました。

6〜7世紀頃中国・朝鮮半島を経由して日本へと渡って来たとされ、播磨国(はりまのくに)一帯の山岳などに開山、開基し名を残しました。

法道寺はかっては多くの支院、支坊を有し長福寺という名称でした。平安時代前期には空海をはじめ最澄や円仁などがこの寺に参篭したらしいです。

これだけ立派な寺院なのに参拝者が少ないのは以外です。もっともっと人気があっても不思議じゃないのに、わからないものです。

それと多宝塔の垂木の四方に配置された天の邪鬼も見ることが出来ました。このお寺には大師堂もあります。大師堂には空海が祀らえていています。以下続きます。


※写真は法道寺 多宝塔(重文・南北朝時代)の垂木を支える天邪気です。いつも反対のことばかり言う天邪鬼をお釈迦様が罰としてこの役割を与えたのだとか。

桜井神社

投稿日時:2017年05月15日

桜井神社



前回の続きです。浅香山緑道(旧浅香山浄水場・つつじ)には沢山の人が来ていました。浄水場の見学会も行われていましたが午前の部の予約は終了したようで昼休み後、午後の部が行われるまで1時間15分ほど待たねばならず見送りました。

せっかく堺に来たのだからこの後、堺の気になる神社仏閣を回りました。最初は堺市南区にある桜井神社です。延喜式神名帳に記載されている和泉国大鳥郡の式内社であり割拝殿(写真)は国宝に指定されています。この神社も織田信長の根来攻めの時に焼失しましたが拝殿だけは焼けなかったそうです。

鎌倉時代に建造されたとされ現存するものは数少ないそうです。見た感じも素朴で無駄がない造りはなぜか惹き付けられます。そしてこの拝殿は中央部分を通り抜けることが出来本殿の方に抜けられます。国宝なのにこんなに近くで見れるとは思いませんでした。

参拝を済まし拝殿まで戻り左手(拝殿を背にして)にある絵馬堂に入りました。左右上部に巨大な赤鬼、黒鬼のお面が目を引きます。そして大きいお面の下には沢山の絵馬が奉納されています。絵馬を見ると「嵐」のファンが圧倒的に多い感じです。コンサートの当選祈願などされているようです。

以前来院されている方から嵐のコンサートチケットは中々取れないと聞いた事がありましたがここはどうも「嵐」の聖地になっているようです。

もちろんここの他に大野神社、二宮神社、松本神社、相場神社も聖地になっているようです。それにしても嵐、どんだけ人気があるねん!という感じでした。


※写真は桜井神社の拝殿です。拝殿のデザインはいたってシンプル、クリーンで素朴です。ベンガラの色合いもよくマッチしていると思います。堺市随一の国宝です。

携帯版

守口カイロプラクティックセンターの携帯版ホームページ 守口カイロプラクティックセンターの携帯版ホームページはこちらからアクセス- 携帯に送信 -