Please update your Flash Player Plugin. You'll need to install the version 9.0.28 or later.

守口カイロプラクティックセンター

住所
〒570-0039
大阪府守口市橋波西之町3-1-6
TEL
06-6993-4134
営業時間
電話予約制・AM9:00〜PM1:00・PM3:00〜PM7:30
定休日
日曜・祝日

最新お知らせ


ふとん太鼓

投稿日時:2017年03月24日

ふとん太鼓


前回に出て来た「ふとん太鼓」の写真です。 門真市の堤根神社に行った時のものです。(2016年の秋)初めて見た時は「ふとん太鼓」とは知らず変わった神輿だなーと思ったものです。

「なんで座布団が乗ってるねん。」と不思議に思いましたが神様に座って貰うためという事らしいです。そういう事なら納得してしまいますね。同じ河内内でも少し場所が違うだけでお祭りのやり方が違ってくるのが面白い! 何時も当センターのHP御訪問、ありがとうございます。

河内の一宮二宮

投稿日時:2017年03月13日

河内の一宮二宮


何時も当センターのホームページ御訪問、ありがとうございます! 前回の続きです。恩地神社の拝殿の狛犬は狛犬ではなく神兔と神龍でした。

恩地神社の夏祭りは八尾で有名らしいです。祭りの日にはふとん太鼓や神輿を担ぎ上げ神社境内から急な階段を降り町内を練り歩きます。夜になってからその急な131段の階段を上がって宮入りするのだそうです。

それにしてもこの急な階段を神輿やふとん太鼓で往来出来るのか想像出来ませんでしたが「恩地神社 祭り」で検索したらYouTubeでその様子が見られました。ふとん太鼓が神社から繰り出したり宮入りしたりする所が写ってました。

神輿はそれほど大きくないから行けるにしてもふとん太鼓は1〜2tも有ろうかという大きなものだけに神社の急な階段は最大の難所です。それだけに階段を登るシーンは最大の見せ場です。太鼓の音と「せーぃ!」と言う掛け声を聞いていると何か気持ちが高ぶってきます。うーん良いですね。

河内でも内(守口市)の方はだんじりだけですが少し場所が変わるだけで変わってくるものですね。以前、門真市にある堤根神社にふとん太鼓が置いてあるのを見たことがあります。神輿の上にざふとんを何枚も重ねた様な感じです。

『なんやこれは?奇妙な神輿やな?』と初めて見たときの感想です。何でも布団が敷いてあるのは神様に座って頂くためだそうです。
次は枚岡神社です。旧社格は官幣大社です。御祭神は次の四柱です。本殿は四棟ありまして第一殿は天児屋根命(あめのこやねのみこと)、第二殿は比売御神(ひめみかみ)、第三殿は経津主命(ふつぬしのみこと)、第四殿はたけみかづちのみことです。

ここも恩地神社と同じく狛犬は狛犬ではなく鹿でした。さすが河内国の一宮、参拝に来ている人が多かったです。ここで結婚式をあげた方が本殿階段下で写真を撮っておられました。神前式結婚も中々いいものですね。


※写真、絵馬が掛けられている塀の後ろには本殿四棟の内二棟の屋根が見えます。写真写りが悪くすいません。前回来た時は気がつきませんでしたが本殿と塀の間は池で大きな鯉が沢山およいでいました。前回来た時は池があると気がつきませんでした。

携帯版

守口カイロプラクティックセンターの携帯版ホームページ 守口カイロプラクティックセンターの携帯版ホームページはこちらからアクセス- 携帯に送信 -